いよいよです。

ワシントンだいぼーけんは2011.5.5から8.24までです。右側の「月別アーカイブ」からご覧ください。

2017.5.1(月)
このところ区の業務も一段落ということもあり、先月28日に続き郡内へ出かけてきました。いつもの漁場(釣り場)の進捗状況(魚の戻り具合)の確認です(つまり釣りたいということ)。

結果は以下の通り。うれしいのは初めてのヤマメのゲットです。少し小さいですが。











ニジマス11 ヤマメ1
右下がヤマメ。他はみんなニジマスです。


初ヤマメ
今季初ヤマメ。少しほそんびーです。


約2時間での釣果ですが、この時期にしては上出来だと思います。魚を探る作業を丁寧に行った結果です。
これは自分をほめているのではなくて、「渓流釣り」への姿勢ですね。緑のトンネルの中を順次上流へ進みながら竿を出す釣り方と魚をゲットするための釣り方の違いです。どっちも立派な渓流釣りだと管理人は思っています。

ネットでは「できるだけ細い糸で釣るのが渓流釣り師」などと主張したり「リリースするのが当たり前」とか「餌は川虫を現場で調達すべし」なんてことを言う人もいますが、どれもこれも的外れもいいとこですねー。趣味の世界では「常識の範囲」で何でもありなのです。常識? 太い糸を使えば魚にバレやすいから自分なりに細い糸を使えばいいし、決められた大きさ以下の魚をリリースするのは当たり前だし、餌は釣り具やさんで売っているもので文句なしだしね。

で、前回紹介した釣り場へ倒れこんだ大木の様子をもう少しわかりやすく紹介します。と言っても現地を知らない人はどっちでもいい情報なので無視してください。











大木倒れる1
倒れこんだあたりがいい釣り場でしたねー。東側から。


大木倒れる3
右側の太い木が途中からボキリ。西側から。




スポンサーサイト
2017-05-01 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ヤマメは釣るのも難しいっちゅうこん?

それにしてもうまそうな魚たちですねー。
2017-05-02 16:54 : 志巣多 URL : 編集
No title
今の時期はまだヤマメはこの支流まで来ている数が少ないということだと思います。
昨年はニジマスよりヤマメの方が多く釣れたのでそのうちヤマメのほうがたくさん釣れることになるでしょう。

ほとんどの魚たちは燻製に化けます。
2017-05-02 20:58 : URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ホヘーイ

Author:ホヘーイ
リタイア後、好きに生きてるオヤジの
やりたい放題、書きたい放題ブログ

カテゴリ

Welcome!

Stay here!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR