君の名は。

ワシントンだいぼーけんは2011.5.5から8.24までです。右側の「月別アーカイブ」からご覧ください

2016.12.7(水)
最近世間で注目されているものと言えば「TTP」や「PPAP(ピコ太郎)」などが目立ちますが、映画「君の名は。」も結構な話題になっています。映画に関心がない人でも日本で上映された映画の中で今のところ売上高が第二位というニュースを聞いて「へー」でしょう。テレビでも話題になることが多くて「映画評論屋」を自称する管理人としてはアニメとはいえ見ないわけにはいかなくなりました。

つーことで今日昭和町のイオンまで行ってきました。例によってゆうべネットで座席を指定して準備完了。シニアですので1,100円なり。
現地へ着くとこの前見た「ハドソン川の奇跡」とは大違いで結構な数のお客がチケット売り場に並んでいます。こちらは事前予約済みですから別の機械で予約番号と電話番号の入力でチケットがポン。上映5分前に席に着きましたが、半分ほどの席が埋まっていましたね。平日の日中なのに! シニアの夫婦や管理人のようなおっさん、おばやんがほとんどでしたが。

上映時間は2時間弱でしたが一気に見終えた感じです。事前調査はしていなかったので少しわかりずらいところもありましたが、まあまあおもしろかったですよ。過去の映画でいえば「千と千尋のかみかくし」や「転校生」や「時をかける少女」を思い出しました。

要するにおとぎ話ではあるけど何となく気になって記憶に残る(多分)映画の一つかも知れません。1度見ただけでは全体像をしっかり把握することは難しいかもしれませんね。管理人も何ヶ所か理解できないところがあったので、ネットの情報で確認できました。時間軸がどんどん変化するのでよく見ていてもわからないまま次の場面へ進んでしまうのが原因でしょう。それに管理人の大脳新皮質の劣化もあるし。

君の名は。
自動発券機から出てきたチケット


人気の理由として昔でいえば「噂話(あの映画おもしろかったよー)」がSNSで驚異的速度で広がっていき、仲間はずれの恐怖(?)から若い衆がこぞって見た、どっかの評論家が言っていましたが当たっているような気がします。
スポンサーサイト
2016-12-07 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私も見てみたいものです。
宮崎のアニメとも感じが違うのかな。
この頃、こっちでは話題の映画もなく、映画館には「アバター」以来行っていません。日本のように「仲間外れの恐怖」など存在しないしね。でも、映画館で見るのはそれなりに迫力や臨場感があって、心理的にも特別の意味があるらしい。たまには、それにどっぷりつかって楽しむのもいいもんじゃんね。
2016-12-10 20:46 : 志巣多 URL : 編集
No title
たまには非日常を味わうのもいいですよ。中学生のころラスベガスを舞台の映画(たぶん「オーシャンと11人の仲間」)なんかは非日常もいいところで、まるで夢の中の出来事でしたね。あのころのあこがれが今でもあるのでしょう。やっぱアメリカはいいよねー。
2016-12-11 02:00 : URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ホヘーイ

Author:ホヘーイ
リタイア後、好きに生きてるオヤジの
やりたい放題、書きたい放題ブログ

カテゴリ

Welcome!

Stay here!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR