電気柵

ワシントンだいぼーけんは2011.5.5から8.24までです。右側の「月別アーカイブ」からご覧ください。

2015.7.20(月)
きのう西伊豆の川で電気柵に感電して2人死亡、5人が重軽傷という報道がありました。川で電気柵?様子がだんだんわかってきていますが、どうも対岸へ渡っている電気柵の電線が途中で切れて川に落ちたようです(今朝の情報)。
大変な事故ですが問題はどの程度の電流・電圧の電気が流れていたかですが今のところ不明です。

渓流釣りに行くと同じような目的の電気柵にお目にかかります。以前見たものをアップします。










電気柵1
左側の五つのグリップをはずして中に入ります。

電気柵2
グリップのはずし方などの注意書きです。

電気柵3
フックで引っかけてあるだけなので簡単にはずせます

管理人の電気の面白さ(怖さ)体験は中学生時代に始まります。悪友数人と教室のコンセントにクリップをさし、二人がそのクリップを持ってそれぞれの悪友の反対側の指を別の悪友が触ります。最後の二人がお互いの指を触ると・・・ビッビッビと指に何とも言えない感覚の衝撃が走ります。今考えるとかなりヤバイ遊びでしたね。

就職してからアパートでアマチュア無線をやるようになり100v入力の安定化電源(要するに電源アダプターです)を自作する際、トランジスターの電極の接続(ハンダ付け)を間違えてトランジスターが爆発。肩あたりまで衝撃がきましたが幸いにして生きてます。当時は自作熱がムンムンで夜停車すると自動でヘッドライトが消灯、動き出すと点灯するスイッチや間欠ワイパー、タコメーターなど暇にまかせて作ったものです。


話がそれてしまいましたが、今回のこの事故はいわゆるサーキットブレーカーや漏電ブレーカーの役目をする装置の故障か不備かの疑いがありますね。たとえ電気柵に家庭用の100vを直接つないでいたとしてもブレーカー等が働けば事故にはなりません。弱い電流・電圧でも水の中では油断はできないものです。

スポンサーサイト
2015-07-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ホヘーイ

Author:ホヘーイ
リタイア後、好きに生きてるオヤジの
やりたい放題、書きたい放題ブログ

カテゴリ

Welcome!

Stay here!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR