クラシックカー フェス

ワシントンだいぼーけんは2011.5.5から8.24までです。右側の「月別アーカイブ」からご覧ください。

2015.6.28(日)
きのう今日と管理人の居住市で恒例(第5回)のクラシックカー フェスティバルが開かれました。今年は時間の余裕もあるし、友人が参加する(自分の車を出展するの意)というのでちょっくら様子を見てきました。

きのうは雨の予報でどうかなと思いましたが、幸いにも雨は降ることはなく良い感じで見学できましたよ。当然クラシックカーですから50歳代より高齢の人たちにしか実体験したことがない車ばかりです。従いまして若い読者は「フーン」で終わって結構でございます。









GSS.jpg
まずは友人の車、マークⅡのGSS。1972年~。販売台数が少ない分、今となっては貴重な1台。

カメラを構えているのは雑誌社の記者さんです。車内で二人で談笑しているといきなり顔を突っ込んできて「ちょっとお話をお聞かせいただいけませんか」「いーっすよー」確か雑誌名は Old Timer とか言っていたような。旧車専門誌のようです。もしかしたら掲載されるかも知れませんねー。8月号に。












シルビア
初代のシルビアです。1965年~。ニッサンですよー。

その昔(半世紀ほど前)管理人が学校帰りの時後ろから珍しく乗用車の音が聞こえてきました。振り向くと白髪交じりのイケメン紳士が運転するシルビア(色は写真と同じ)がバオーーーンと通り過ぎたのであります。かっこよかったですね―。






フェアレディ3
これもニッサンのフェアレディ2000です。1962年~。

この車は当時「日本で最初に最高速度が200km/h を越えた車」と表現されました。確か90万円前後で売られていたような。トヨタの2000GTは数年後に販売されましたがその価格は238万円!

今回のフェスティバルでの最大のトピックス(管理人にとって)はこの車です。














フェアレディ
初代フェアレディ。1959年~。

この車が展示場へ到着したとき「オースチンかー」と思ってしまいました。車の前に立てかけてある説明書きを見て納得です。雑誌などでその存在は知っていましたが実物それも自走車は初めてです。

フェアレディ2
車内はこんな感じです。何か疑問がわきませんか?

その疑問とは「なぜ左ハンドルなのか?」というものです。早速オーナーに聞いたところ「ニッサンでは当時300台ほど生産したが日本人でこの車を買う余裕のある人なんているわけない。全部輸出用として作ったんじゃよ」との事。なーるほどね。次の質問「じゃーこの車は逆輸入車ですか?」「うんにゃ、数台売れ残ったのでそれが国内を転々としてそのうちの2台がワシの手元じゃ」「えー、もう1台あるんですか?」「んだ、でもそいつは動かんのじゃ」「部品取り用ですか?」「んだ」 だそうです。
さらに聞くとオーナーは「普段はマセラーティじゃが時にはフェラーリも乗るしこういうときはこいつを連れて来るんじゃ」「は、はー。参りましてござりまするーーーー」すごい人がいるもんです。はい、次。




ヨタ8-1
トヨタのS800です。1965年~。ニックネームは「ヨタハチ」。

この車は当時大衆車として売り出していた「パブリカ」のシャーシに空気抵抗を極限まで減らした(当時の技術で)ボディを乗っけて作ったスポーツカーです。驚くなかれ燃費が31km/㍑! 今どきのハイブリットも真っ青な数値ですね。いかに空力性能が良かったかがわかります。ちなみに当時のホンダのスーパーカブ(排気量50cc)の燃費は90km/㍑ でした。
この車を少し長くし、横幅も広くしてでかいエンジンを乗せるとこうなります。











2000GT2.jpg
おなじみ(?)のトヨタ2000GTです。1967年~。茨城県からの出展です。

いつ見ても流れるようなスタイルで見飽きることがありませんねー。実に見事なフォルムです。ちなみに管理人もこの2000GTを所有しているのですよ。











2000gt3.jpg
ほれ、この通り。寸法は1/10、値段は1/100以下ですが何か? 値段は現状よ。

紹介したい車は他にも一杯ありますが、いい加減飽きてしまいそうなので最後にこれを一発。











コンテッサ
トラックでおなじみの日野のコンテッサ クーペです。1964年~。

管理人が中学生のころ体育の教師がかっこよく乗ってきていました。スパルタ教師だったので好きではありませんでしたが、車は大好きでしたねー。珍しくこの車はリアエンジンです。よってボンネットの下は物入れとなります。



管理人の住むこの地域は温泉街として一世を風靡しましたが、今はさびれる一方です。そのために息を吹き返すべくいろんなイベントで集客を図っていますがこのフェスもその一環でしょう。来場者も土日とも高齢者だけではなく自動車好きのパパが家族を連れている姿もたくさん見えましたので、まあまあ成功かなと思います。主催の地元観光協会、来年も頑張れー。

スポンサーサイト
2015-06-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ホヘーイ

Author:ホヘーイ
リタイア後、好きに生きてるオヤジの
やりたい放題、書きたい放題ブログ

カテゴリ

Welcome!

Stay here!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR