アカデミー賞

ワシントンだいぼーけんは2011.5.5から8.24までです。右側の「月別アーカイブ」からご覧ください。

2015.2.26(木)
先日恒例のアカデミー賞の授賞式などが報道されました。今年は「これで間違いなし」の作品が主要な各賞を受賞したとのことです。作品名は「バードマン」。管理人の耳にはちっともその評判が伝わってきませんでした。最近耳が少し遠くなってはいるのですが。

で、クリント・イーストウッド監督の「アメリカン・スナイパー」を今日見てきました。この映画もいくつかの賞にノミネートされていたようですが残念ながら無冠でした。その昔「勝利の戦場」というイーストウッドにしては珍しい戦争ものの映画を見ましたが、さすが右翼監督らしいアメリカは強いの臭いがプンプンの娯楽映画でした。

今日見た映画も右寄り映画で「アメリカ万歳」の描写があちこちに描かれています。そこでかつて主要賞を総なめした戦争映画「ハートロッカー」を比較してみると、特殊な才能の持ち主が戦争を「楽しんでいる」風にも取れる行動で家族との確執が描かれている点は同じですが、結末はだいぶ違うと共に片方はアカデミー賞受賞作、もう一方は無冠。

管理人の勝手な想像ですが「ハートロッカー」の時ライバルは「アバター」でした。アカデミーの有権者はジェームスキャメロンはもう「タイタニック」で賞はこれでもかと取っているじゃん。だから「ハートロッカー」に軍配をあげたのさ、と言いたげの結果でしたね。つまりアカデミー賞といえども「政治的な配慮」がつきまとっていると思っています。

参考までにヒッチコック監督はあれだけ評価の高い作品を量産しながらアカデミー賞には縁がありませんでした。これはイギリス人の彼をあんまり評価したくないアメリカ人が多く存在していたと言えると思います。これも超政治的配慮ですね。










アメリカンスナイパー
自宅でネット予約をして(座席指定も)現地の券売機でゲットです

理論物理学者のホーキング博士を題材にした映画も見てみたいですね。



スポンサーサイト
2015-02-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ホヘーイ

Author:ホヘーイ
リタイア後、好きに生きてるオヤジの
やりたい放題、書きたい放題ブログ

カテゴリ

Welcome!

Stay here!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR